すぐに役立つコンテンツ

【儲けたいなら「コンテンツは王様だ」と唱えてみる】

こんにちは。河野です。今日も開封して頂き、ありがとうございます。

Contents is King. 「コンテンツは王様だ」

という言葉があります。

いろんな業界で言われていることですが、ネットマーケティングの世界、SEO対策の世界でも同様に長くいわれて続けてきた言葉です。

要するに、

どんな最新のマーケティングを駆使しようが、良質で人の役に立つコンテンツを豊富に持っているサイトだけ勝ち残る。

そういう意味ですね。

一方・・・

「私のサービスや商品は単純なものなので、 サイトはたいして書くこともないです。」

みたいなことを言う人もものすごく多いです。

でも、これはアウトです。

これでは儲かりません、もしくは長く儲け続けれらくなる可能性が高いと思うんですよね。

もっとも、当事者からすると本当に書くことがないんだとも思います。

ということで、今日はサイトでもっとも重要なコンテンツの話しや、コンテンツの膨らませ方なんかの話しです。

■なぜ「コンテンツは王様」なのか?

まずコンテンツが王様と言われているゆえんをお話ししましょう。

たとえばSEO対策。

SEOとは、検索エンジンに狙ったキーワード検索で上位表示をさせる工夫

ということになるわけですが、検索エンジンというのは、そもそもそのキーワードを検索する人にとって役にたちそうな順番でサイトを表示することが最大の目的です。

「検索する人にとって役にたちそうかどうか?」

なんですね。

ですから、そのキーワードに関連する豊富なコンテンツが数多く存在するほうがいいはずなんです。

もちろん、”豊富なコンテンツが数多く存在するだけ”で上位表示できるほど甘くありません。

たぶん上位表示しないでしょう。

豊富なコンテンツを存在させる以外に、非常にテクニカルな対策をしなければいけません。

さらに、そのテクニカルな要素もめまぐるしく変わります。

・外部からのリンク数・外部からのリンクしてくれるそのサイトの中身・サイト内部のキーワード出現頻度・あれやこれや

話すと長くなるので省略しますが、すごい速度で変わりますのでしっかり把握しておかなければなりません。

でも、絶対に変わっていない要素というのがあるんです。

それが、

「そのキーワードに関連する豊富なコンテンツが数多く存在するかどうか?」

という要素なんですね。

逆に言うと、検索エンジンがもっともっと進化して、「そのキーワードに関連する豊富なコンテンツが数多く存在するかどうか?」を直接的に判断できるようになれば、

「そのキーワードに関連する豊富なコンテンツが数多く存在するかどうか?」

”だけで”順位が決まってしまうということなんです。

たとえば、ネット広告。

今は、アドワーズに代表されるクリック課金型広告の広告表示は、クリック単価が高い奴が絶対たくさん表示されるほと単純でなくなっています。

広告とサイトの関連性など、品質という要素もあるんですね。

節電グッズが売れているからといって、節電グッズを検索している人に向けて、幸せになるブレスレットの広告なんかはそんなにジャブジャブ出せなくなっているという意味なんです。

これは別に弱者を守ろうとしているとかではなく、

・広告をクリックする人にとって本当に欲しいものが出てきたほうが 買う確立が高い。

・買う確立が高いと、広告主ももっと広告を出してくれる。

そういう思想があるからなんです。

これも、もっと進化したら、

「広告を見た人にとって役にたつコンテンツが豊富にあるかどうか?」

だけで判断される日がくるかもしれないわけですね。

たとえば、成約率。

成約率とは、サイトにアクセスしてきた人のうち何割の人が購入や問合せなどの具体的アクションをするか?

という確率のことですが、これなんてもう、コンテンツのよしあしが思いっきり左右します。

よく、「そんな長い文章は読まない」なんて意見がありますが、これは完全に間違います。

「長い説明は読まない」というのは間違いなんですね。

まちがいなく、そのサービスや商品を利用するにあたっての判断要素になるすべてのことはコンテンツにしておくべきです。

■でも何を書くの?

ここまで言うと必ず言われるのが、

「何を書けばいいかわからない」

「商品も一般的なものだし、 サービスもちょっと説明すれば分かるはず。 他に書くことが思いつかない。」

こんなコメントですね。

でも考えれば絶対たくさんあると思うんです。

ちょっとヒントをいくつか出していきいましょう。

たとえばサービス業で留学斡旋の場合。

サイトからの問合せで、何か質問されたことはないでしょうか?

ゼロじゃないと思うんです。

・どんな高校?・どんな先生?・治安は?・生徒の人種は?・生活費はどれくらい?・英語力はどれくらい必要?・レジャーはある?・空港に着いたらまず何をするの?

もしくは日常で誰かから自分のサービスやビジネスについてや、自分のことそのものについて何か質問されたことはないでしょうか?

・なんでこの仕事やることになったの?・ご自身の留学経験は?・お子さんの年齢は?・どんなところがその町の良さ?

そのことがサイトで説明されていなければ、詳しく説明するページを準備できると思いますし、

もしサイトで説明されていたとしても、「わかりにくい」ということなんです。

自分の責任です。もっともっと詳しくわかりやすく。別の視点で説明するページが書けると思います。

たとえば、雑貨を販売している場合。

ただのブレスレットを販売しているとして、

・どんな人が作っているの?・デザインの意味は?・ひもの素材は?・素材の生産地は?・とめ金のところはどうなっているの?・どんな服とあわせるといいの?・どんな人が買っているの?・店長も持っているの?

書こうと思えば無限にといっていいくらい出てくるんじゃないでしょうか?

いかがでしょう?

アクセスアップと成約率アップ。

ネットで一番最初に取り組むべきこの2つにとって大前提になるのが

”豊富で役にたつコンテンツたち”

です。

儲け続けるなら、ぜひ
Contents is King. (コンテンツは王様)

これを唱えて取り組んでみてほしいなと思います。

以上

今回のトピックは、いかがでしたでしょうか?感想や個別の無料相談もお受けしています。このメールにそのままお返事いただくと僕が全部お返事しますのでぜひご連絡くださいね。

また次回お会いしましょう。

【編集後記】

今度ディズニーランドに行ってきます。

決死の覚悟で(笑

というのが、僕はディズニーランドそれほど”大好き”ってほどでもないんですね。

まー男性では珍しくないかと。

でもうちは、3歳の娘がすごくディズニーランドが好きなんで半年に1回くらいは行ってます。

で、楽しんでいる娘の姿を見ていると自分も楽しいんでいいのですが何がつらいって、パレードとかの場所取り。

たぶん行く日は炎天下なんじゃないか?と・・・。

サーフィンで何時間も炎天下の中にいるのは苦痛じゃないんですが、

さすがに「ただただおじさん一人がビジネス書を読んでで炎天下の中座って待っている」というのはいろんな意味でつらいわけです(笑

しかもそんな人がいっぱいいたりして。

ということで、決死の覚悟で行ってまいります。

今週もがんばりましょう!

似たような記事はこちら
最新の記事はこちら