アーカイブ|ネットマーケティングコラム

ホームページの動画って自分では作れない?

ここのところ、

 

ウェブサイトに動画を効果的に載せるということは

よく研究している人にとっては常識にありつつります。

物を売るショッピングサイトなら、物を利用している風景を撮影したり、

 

サービス業なら、お客さんのインタビューを挿入したり、

 

コンサルタントみたいな仕事なら自分がしゃべっちゃったり、

 

そういう使い方。

でも、自分ではできないしなーと思っている人も多いと思うんですね。

 

作ってお金をもらう僕がいうのもなんですが、

そんなわけないじゃないっすか!

その方法を何回かにわけて紹介します。

今日は一番楽な方法のご紹介です。

(あまりに楽なので、ご紹介って

偉そうに言うほどじゃないんですけどね)

■まず撮影。

これは持っているデジタルカメラの動画機能とか、

デジタルビデオカメラの録画で十分です。

■次にそれを編集

するわけですが、

一番楽なのは公開できるまんまの長さで

とっちゃうってことですね(笑

といってもなかなか難しいので

編集はWindowsを使っているなら

 

Windowsムービーメーカー

 

という標準のソフトを使えば十分です。

 

もちろんプロっぽいことはできませんよ。

 

でも、

 

タイトルつけたり、

 

カットしたり、

 

つないだり、

 

音声を合成したり、

 

フェードインとかアウトとか、

そういう基本的なことは全然できます。

 

操作もいたって簡単で、

視覚的に操作していればたぶんできちゃいますから

一度チャレンジしてみてくださいね。

 

あとで説明しますが、

編集する動画は10分以内にしてくださいね。

 

また、形式も .WMV、.AVI、どちらかを選んで、

容量が1G以内になるように、保存時のサイズを調整してください。

だいたい1片が640* 以下にしておけば大丈夫だと思います。

■最後はウェブサイトへ掲載

ここがいちばん

 

「わかんない」

 

ということで、

みんなやろうとしないのですが、

 

確かに本来は自分のサーバーへ動画をおいて、

サイト上で再生できるように

フラッシュというものへ変換したり、

そのままストリーミング再生できるよにプレイヤーともども設置したりと、

結構分かんない人にとっては、

茨の道が待っています。

でも、楽したいなら、その方法を取らずに、

YouTube へ動画をアップして、

その動画を埋め込むという方法をとってみましょう。

まずは

Youtubeでアカウントをつくって

Windowsムービーメーカーで編集した動画を

YouTubeにアップしちゃってください。

で、その動画の右の方に出てくる

埋め込み っていう箇所のタグを

自分のホームページに貼り付けるだけです。

どうでしょう?

簡単でしょ?

僕のお客さんもコスト削減のため?

ご自分で作成され、掲載している人が結構いますよ。

 

ぜひ遊び感覚でやってみてください。

 

最新の記事はこちら